ダイエットの裏技!太らないバーベキューの食べかた!

2020年07月04日

こんにちは!

7月最初の土曜日ですね。

午前中にトレーニングを終え、帰り際に

「これからBBQなんです!」

っと帰っていったEさん

トレーニング前に行ってたら、トレーニングがきつくなるのを知ってたのね(笑)

っと言うことで、短い北海道の夏

毎週のようにBBQやキャンプの話が出ますよね。

「休日にバーベキューパーティに誘われたけど、ただいまダイエット中…」

でもみんなでワイワイ外で楽しい時間を過ごしたいですよね。

そんな時は・・・

思いっきりバーベキューを楽しんじゃってください!

 大丈夫なの?

大丈夫です!

食材のチョイスや、食べる順番に気を付ければ大丈夫!(^_-)

っと言うことで今日は太らないバーベキューの食べ方です(^^)v

最初に食べるのは、野菜串!

まずは野菜をたっぷり食べる!

いろいろな食材が集まるバーベキュー、まずは野菜から食べること。

定番の玉ねぎだけじゃなくて、血糖値の上昇を抑えてくれるミニトマトの串焼きもおすすめ。

ビタミンCたっぷりのピーマンもたっぷり食べちゃいましょう!

ピーマンのビタミンC熱に強いから、バーベキューにぴったりなんです。

色とりどりの野菜を串にさして焼けば、見た目もキレイだからバーベキューの雰囲気でるよね。

 

カロリーが低い鶏肉がおすすめ!

バーベキューではたっぷりお肉を食べたいよね。

ダイエット中おススメなのはやっぱり鶏肉

鶏肉なら牛肉のだいたい半分くらのカロリーだから、安心して食べられるよ。

鶏肉は皮を取ればカロリーをさらにカットできるから、皮をとってマイ鶏串ってのもいいよね。

 

塩コショウであっさり、素材の味を楽しむ!

バーベキュー主役ってやっぱり牛肉なのかな?

牛肉にはカロリーの高い焼き肉のタレをさけて、塩コショウでシンプルに味付けをするのがおすすめ。

青空の下で、焼きたてのお肉はそれだけでもごちそうなんだから、塩コショウで素材の味を楽しんでね。

焼き肉のタレをつけながらお肉を食べてるとカロリーオーバーの危険性大!

どうしてもソースをつけたい場合は、味付けポン酢なんかを用意してね

 

キノコをたっぷり、ホイル焼き!

バーベキューでおすすめのヘルシーな料理といえば、野菜やきのこをアルミホイルで包んで焼く、ホイル焼き。

特に低カロリーのきのこを使ってアッサリ食べられる一品は用意したいところ。

下ごしらえをしてアルミホイルで包んだまま持って行けるので、準備もラクラク!

魚介類は低脂肪、低糖質、高タンパクでダイエットの強い味方!

シーフードは脂肪や糖質が少ないので、ダイエッターには強い味方です。

そのうえ、塩やしょうゆで十分美味しく食べられる。

2つの「油脂」に注目してみると、お肉に多く含まれている脂は、「飽和脂肪酸」というもの。

飽和脂肪酸は、必要以上に摂取することで、悪玉コレステロールや中性脂肪が増加すると言われてます。

だから、血液を詰まらせる原因となることもあるんです。

 

もう1つ、魚には多く含まれている脂は、「多価飽和脂肪酸」。

 多価飽和脂肪酸は、脳の発達や脳の機能に関与している大切な栄養素。

 血液をさらさらにする効果もあって、身体を健康に保つためには欠かせないDAHEPAという必須脂肪酸を多く含んでるんです。

 

だから、ダイエット中に魚に含まれている良質なタンパク質や身体が分解しやすい脂質を摂取することで、身体を安定させやすくなるんです。

特に魚の中でも「白身魚」はカロリーも低いから、総摂取カロリーを抑える効果敵なんです。

 

どうですか? 

夏のぼーべキューこれでバッチリでしょう!

食べすぎたら動けばいい!

究極はこれですよね(^_-)

夏をしっかり楽しもうね!

う~ん、BBQいいね~!

バーベキューの太らないたべ方!

ページ最上部へ