妊活コース

なんで妊活に運動?

運動を通して筋力アップをすることで基礎代謝があがります。

そうすると子宮内の温度も上昇し、妊娠しやすい環境を作ることができます。

 

 

それはズバリ!卵巣の血流を良くするため!

卵巣自体の血流が良いと質の良い卵子が生まれてきます。

そして卵巣の状態が良いとホルモンの分泌が促進され、子宮内膜(赤ちゃんの別途になる場所)の質が上がって、着床しやすくなります。

もう少し詳しく説明しますね。

 

妊活に運動が必要なのはなぜ?

不妊をはじめ、生理痛、生理不順、PMS(月経前症候群)不正出血など女性特有のさまざまな不調は、身体の血の巡りと深く関係しています。

女性の骨盤内には、子宮や卵巣、膀胱などの多くの臓器が密集していて、男性に比べて構造が複雑になっているから、血の巡りが悪くなりやすいんです。

そのうえ、内臓下垂や便秘があると、周辺の腸にも圧迫されて、ますます血流が悪くなります。

 

どうして、血流を良くすることが大切なのか?

骨盤内の血流が悪くなると、生殖器に届く血流量が不十分になって、酸素や栄養素が不足して、子宮や卵巣の機能も低下していきます。

特に卵巣は、子宮から伸びている非常に細い卵管の先にあるから、血流が悪くなりやすいです。

更に全身の血流が悪くなると、身体の冷えを招いて、全身の働きを調節する自律神経系やホルモンバランスも乱れやすくなって、ますます妊娠しづらい体になってしまいます。

 

腹巻やカイロで子宮を温める事は、子宮を冷やさないように、妊活で広く知られています。

生殖器の血流を良くする事は非常に大事だけど、適度に身体を動かして、全身の血流を改善する事が有効です!

 

妊娠力を高める体質改善を進める上で、適度な運動に期待される主な効果は、血流の改善と代謝アップです!

 

基礎代謝を上げるために

血行不良を(血流)の改善をすることで代謝が上がります。

 

血行不良になる3つの原因

運動不足

身体の筋肉は、血の巡りを後押しするポンプのような役目を果たしています。

運動不足で筋力が低下していると血液を送り出す力が不足してしまって血行不良に陥ってしまうのです。

 

発汗が少ない

汗をかかない人には、むくみを抑えるために水分補給を控えてしまう人も少なくないですいですよね。

でも、身体の水分は汗だけでなく排泄などでも失われています。

気づかないうちに身体が脱水になって血液は濃度・粘度を増してしまって、血流の速度が低下して血行不良になってしまうんです。

 

乱れた食生活

揚げ物などの脂質の多いものを食べ過ぎるとドロドロ血液の原因になるため注意が必要です。

あと、コレステロール値が高くなると動脈硬化の引き金になったりしたり、炭水化物の摂りすぎも糖分過多により体調不良を引きおこす可能性があったりします。

シェイプボディではトレーニングと食事、生活習慣のサポート、をさせていただいて、基礎代謝を上げ、体温の上昇に向けてアプローチをしていきます。

 

妊活中に運動をすることで得られるメリット

トレーニングでは、まず体のクセや骨盤の状態を確認し、普段使えていない筋肉を活性化し、血液の改善を促進します。

また、筋肉量が増加すれば血流も増加し体温が上昇し、基礎代謝も上がります。

基礎代謝の向上

妊活中の運動は、基礎代謝を向上させてくれます。

基礎代謝とは、内臓の活動や体温の維持など「生きているだけで行われる代謝」です。

この基礎代謝は生命を守るのに必要なエネルギーで、妊娠にも深く関係しているんです。

特に、女性は筋力がつきにくい体質ということもあって、筋肉量そのものが多い男性と比べて筋肉そのものが少なめです。

この筋力が衰えると基礎代謝も失われ、肥満になりやすくなります。

実は、この肥満も妊活にとっては大敵。

痩せすぎも妊娠に影響を与えますが、太りすぎも妊娠に影響を与えます。

だから、妊活中は運動することで妊娠に最適な体型を維持することが重要なんです。

 

ストレスの解消

妊活中は、妊娠できないことを焦って、ストレスが溜まりがちです。

人はストレスがかかると、体内で活性酸素の生産が過剰となり、酸化ストレスが引き起こされちゃいます。

この酸化ストレスは細胞老化の原因になって、精子や卵子の質を低下させる原因になっちゃいまます。

だから、男性も女性も無理せずストレスを解消することが大切なんです。

そのストレス解消に最適なのが運動となります。

運動は気分を前向きにしてくれるだけでなく、ストレスの解消にも効果的とされています。

 

生活習慣病の予防

運動は、生活習慣病の予防にも効果的です。

現代人は運動不足なのに暴飲暴食をしてしまうなど、生活習慣病のリスクを常にありますよね。

この生活習慣病は、様々な病気の原因となるだけじゃなくて、メタボリックシンドロームなどの肥満を引き起こします。

逆に、普段から運動していると生活習慣病にもかかりにくくなって、肥満だけでなく高血圧や糖尿病の改善にも効果が期待できます。性ホルモンのバランスも整えてくれるので、妊娠を望むのであれば、運動による生活習慣病の予防は必須なんです。

 

精神疾患の改善

太陽を浴びながら運動することで、体内ではセロトニンという物質が分泌されます。

このセロトニンは気分を前向きにしてくれる物質で、抑うつ状態などの改善にも効果的とされています。

一時的な気分の落ち込みは、本人にとっては相当な負担。

長期的に抑うつ状態が続くと、うつ病などの精神疾患に陥ってしまうこともあるかもしれません。

逆に、運動はうつ病になりやすい人が頻繁に行ってしまう「反芻思考」を制御する効果もあるから、気分が落ち込んできたと思ったらとにかく運動が一番です。

運動すれば、嫌な気分も晴れて、前向きに妊活に取り組めるようになりますよ。

 

体重の管理

肥満が妊娠に多大な影響を与えることは前述の通りです。

特に痩せすぎや太りすぎは妊娠の確率に影響を与え、不妊を引き起こすこともあります。

そのため、日常に運動を取り入れて体重の管理を行うことは必須です。

 

成長ホルモン

そして独特なトレーニング方法で成長ホルモンの活性を促進させます。

成長ホルモン

成長ホルモンは女性ホルモンの分泌にも関わっていて、卵胞発育や排卵に対して促進的に作用することが知られています。

その成長ホルモンを、投薬の投与ではなく通常の役200倍の分泌を促すトレーニング法があるんです。

それが、「加圧BFRトレーニング」なんです。

加圧BFRトレーニングは、軽い付加でだれでも安全に最大のトレーニング効果を引き出すことができるトレーニング法です。

成長ホルモンの分泌は妊活だけではなく、脂肪燃焼、筋力増強、アンチエイジング、リハビリ、安眠、むくみ解消などあなたの体の機能を最大県に引き出してくれます。

トレーニング事例

1.体の癖や姿勢、骨盤の状態を確認します。

2.1の内容をもとに、トレーニング効果を引き出しやすい状態にします。

3.普段使えていない筋肉をトレーニングで活性化し、血流の改善をしていきます。

4.加圧BFRトレーニングでさらに成長ホルモンの分泌を高めます。

 

食事

食事も妊活では非常に重要です。

妊活に適した食事は、血流を改善し、体の温度を適切に保つのに役立ちます。

シェイプボディでは、クライアントの普段の食事やライフスタイルをお聞きし、適切な食事方法をご提案いたします。

 

血液量が少ない時の症状

  • 朝ボーっとしてしまう
  • いつも怠い
  • 食後眠くなる
  • イライラしてしまう
  • 甘いものがやめられない

このような症状がある方は血液量が少なく、貧血や低血糖になっている可能性がある為、食事の改善が必要です。

妊活でお悩みの方、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

妊娠しやすい体質を作る!妊活コーススタート!

ご予約方法

お電話、メールにて予約を承っております。

私が「はい、シェイプボディ浅井です。」 と電話に出ますので 、「予約を取りたいのですが」とおっしゃって下さい。お名前、ご希望の日時をお申し付けください。

どんなことでも結構です、気軽にお電話ください!

 

トップページに戻る

ページ最上部へ